Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年10月19日本日のドル円相場分析と今後の予測展開図(一目均衡表&フィボ 1時間足)

calendar



一目均衡表 フィボナッチリトレースメント 1時間足



 

先日、東京市場終盤からゆっくりドル買いに動き始めましたが、
ニューヨーク市場には6日以来の113円台を回復する展開となりました(^▽^)/

 

北朝鮮情勢も先日の中国共産党大会の開幕に合わせてミサイルの発射実験などの
挑発行為に動くとの警戒感もありましたが、北朝鮮が祝電を送ったとの報道から
リスク回避の動きは後退し円、フラン売りが優勢となりました。
またダウ平均が前日比で一時140ドル高となるなど、米主要株価指数が
軒並み史上最高値圏で堅調に推移、リスク選好を意識した円売りが加速
113円台前半まで上昇する展開となりました(^▽^)/

しかしまだ北朝鮮情勢への警戒感は払しょくされないことから
上値は限定的との見方もあります。
20日までの米韓合同軍事演習、26日までの米第7艦隊の朝鮮半島周辺での
訓練、22日の衆議院選挙の投開票などを念頭に、太平洋上での水爆実験や
弾道ミサイル発射を強行するのではないか、と警戒されております。

株高によるリスク選好と地政学リスクの攻防が続きますね。
しっかりとバイアスなしに、テクニカルで図っていきます。

 

 

テクニカルでは1h雲ねじれが変化日となり対等関係高値に向かう展開で上昇。
転換線に下支えられながら上昇トレンドで高値を更新、4hも転換線に下支え
られながら雲上抜け、8h遅行スパン価格に沿う周期で雲上抜けとなる展開と
なっております。

 

今日も一日頑張っていきましょう(^▽^)/



 

先日の展開です。

 

 

東京市場
小幅なレンジで取引されるも底堅い動き、午前は12日連騰して始まった
日経平均株価と東京仲値前後のドル買いが影響し112.25円まで上昇
午後も日経平均の底堅さから112.33円まで上昇する。

 

ロンドン市場
午前は、米長期債利回りの上昇を受けて、ドルが堅調に推移。
米金利の上昇が一服すると、欧州株式市場の好調な値動きに、リスク選好の
円売りから112.82円まで上昇し、押しも限定的となりその後も堅調に推移

 

NY市場
ダウ平均が3日連続で高値を更新して、終値で初の23000ドル台乗せ
を達成、米主要株価指数は軒並み史上最高値圏で堅調に推移し、
リスク選好を意識した円売りが先行。113.05円と、6日以来の大台を回復。
その後米地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)公表が近づくと、
警戒感から112円後半へ下押し戻りも鈍くなる。

 

そんな中テクニカルは1h遅行スパン価格沿いから直近の下降波動を右に出て
転換線基準線に下支えられながら対等関係の高値にむけて上昇。
4hも転換線に下支えられながら上昇雲上抜け、8h遅行スパン価格沿いの
周期で対等関係高値に向かい、1h26本目33本目に雲ねじれ中心線からの
同程度の騰落で高値をつける等しっかりと機能する展開となっております。

 

先日東京市場、遅行スパン価格に沿う形で推移しておりましたが、
仲値時間が上昇波動と下降波動のクロスラインと重なり、
しっかりと変化日として機能する展開。前回安値圏がサポートなり上昇。
上昇波動に沿いながら転換線基準線に下支えられ上昇トレンド突入。
8h遅行スパン価格に沿う形でNY市場まで上昇してきます。

NY市場雲ねじれ中心線からの同程度の騰落と前回高値から26本目で高値を付けた後は
転換線まで押しをつくり推移。直近でもう一度中心線からの騰落で33本目に高値を
つけてきている展開となております。

 

 

8h遅行スパン価格の周期に注目し、1h波動ラインで勢力を図りながら、
上昇トレンド継続、収束転換を図っていきます。



↓マルチタイムフレームでの展開です。

 

 

1h、雲ねじれ、下降波動上昇波動クロスラインの強力な変化日から
転換上昇、転換線基準線に下支えられながら上昇波動内にて上昇。
雲ねじれ中心線からの騰落で26本目、33本目に高値をつける
上昇トレンド継続か、収束転換を波動で勢力を図り、
レジサポを、一目の5つのラインで合わせる。

 

 

4h、雲ねじれ変化日から戻りをつけ、価格が転換線基準線に下支えられながら
上昇。遅行スパン価格、雲も上抜け、雲上に出てきている位置。
価格雲のサポートと遅行スパン雲のサポートに注目し
このまま転換線基準線が雲を上抜け上昇トレンドに突入するか、
このまま遅行スパン雲ねじれから下降に転じ、雲を中心に騰落に向かう下降となるのか
レジサポに注目。

 

 

 

8h、下降波動ラインのサポート後は上昇、遅行スパン価格沿いの周期で
上昇。雲を上抜けてきてい位置
遅行スパン価格の周期、遅行スパン雲のレジサポを合わせ、
価格雲のサポと波動沿いから遅行スパン価格クロス上抜け
も視野に抜けを狙います。

 

 

 

日足、下降波動ラインと上昇波動ラインクロスライン
の変化日から上昇、対等関係高値圏50ラインまで
上昇。50%、前回高値圏を越えきるかに注目。
50%を越えてくると前回高値圏のレジに注目
先の雲のねじれに向かう下降も警戒。

 

 

週足、遅行スパン転換線価格のサポートが機能し、跳ねている展開
から50%ラインも上抜け遅行スパン価格に沿う形と前回高値圏に
向かって上昇している展開。
前回高値に向かう上昇も視野に、週の後半にかけてもう一度
遅行スパン転換線に戻される展開も警戒

 

 

月足、月が変わり転換線基準線が中心線で重なり
中心線からの騰落でレジサポを合わせる。
騰落から23.6%付近まで上昇も見えてくるが
週末の下押しで中心線までの下降も警戒。

 

 

 

 

8h遅行スパン価格沿いの下降と、価格雲、波動ライン、
遅行スパン基準線転換線のサポートの攻防です。
8h価格、遅行スパン、雲位置と4h雲、遅行スパン雲の
サポートにも注目し、
1h波動ラインで勢力を図り、上昇トレンドを追いかけながら、
収束転換、押し目を狙います。

 

1h遅行スパン雲ねじれに向かう周期にも警戒ですね(^▽^)/
比較的マルチタイムでも図りやすい位置にあります。
しっかりとバイアスなしにその方向についていきたいと思います。

 

続き、エントリーポイントの詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにて見方や手法を
より突っ込んだ内容でお答えします。

バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
分析等にご活用ください(^▽^)/

 

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678127.html

 

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678129.html

 



———————————————–

ちょこっとブレイクタイム(^▽^)/

デモトレードでは勝てるのですけどというお声をよくいただきますが、
なぜ実際のトレードで勝てないのでしょうか!?
それは

心 理

です(^▽^)/

早く利益を確定させたい。損切はしたくない等、、、、
心理に左右されることによってルールを守れなかったり、
せっかくのいい分析が直近の心理によって台無しになってる方も多いようです。

デモトレードで練習するより実際のお金で取引した方が心理に左右されない
トレードの訓練が出来ます。
しかし、、
訓練だからお金をあまりかけたくないというのが本音。
最近では取引単位が少なくなっている証券会社も多くなっておりますが
おススメはこちら↓



SBIFXトレード

SBI証券の子会社でなんといっても

1通貨単位!!

から取引できます。(びっくりです!!笑)
心理に流されないトレード訓練をあまりお金をかけずに出来るので
デモトレードするよりはこちらの方をおススメします(^▽^)/
データ取りや実験、ルール作りの検証にも最適ですね。

↓目はお大事にです(^▽^)/
Zoff

————————————————

今後の予測展開図

波動ラインに注目しトレンドの継続、収束転換を図ります。

※時間の経過によってその位置、勢力は変わってきます。


folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »