Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年10月3日本日のドル円相場分析と今後の予測展開図(一目均衡表&フィボ 1時間足)

calendar



一目均衡表 フィボナッチリトレースメント 1時間足



 

 

先日はスペイン・カタルーニャ州の分離独立問題や
英・EU離脱交渉の難航への懸念もあって、
東京市場からロンドン市場にかけてユーロ売り・ドル買
いが進む展開となりました。
NY市場には9月の米ISM製造業景況指数が予想外に上昇したため
一時的にドルが急上昇、113円を試してきますが、長くは持たず、
ラスベガスでの銃乱射事件をうけて後半は各通貨とも動きが
鈍くなる展開となりした(^▽^)/

 

テクニカルもしっかりと高値試しのフラクタル、P波動が意識される
展開となっております(^▽^)/

P波動収束の騰落からしっかり抜けを狙っていきたいところですね(^▽^)/

 

 

北朝鮮の10月10日の朝鮮労働党創建記念日に向けた
水爆実験や弾道ミサイル発射強行への警戒感も残る中
伸び悩む展開も予測できますが、
12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利上げ観測を
受けた日米金融政策のかい離や衆議院解散公示、投開票に向けた
株高・円安への期待感から下支えも強そうです。

 

地政学的リスクと下支えの攻防です(^▽^)/
なんとも悩ましい展開が続きますが、
しっかりとテクニカルでレジサポを合わせて
方向についていきたいと思います。

 

 

今日も一日も頑張っていきましょう。



 

先日の展開です。

 

 

東京市場
時間外の米10年債利回りが2.36%近辺まで上昇したことも支え
に、112.91円まで上昇。
午後に入っては中国や香港、韓国の市場が休場となる中、
新規の手がかりも乏しく、
時間外の米10年債利回りは2.36%近辺で上げが一服、
となり小幅な値動きとなる。

 

ロンドン市場
東京タイムにいったん落ち着きかけた
先週末からのドル買いの流れが、再び進み始め
113.06円まで上値を伸ばす。
また対他通貨でもドルは買われ、スペイン・カタルーニャ州の分
離独立問題や英・EU離脱交渉の難航への懸念もあって、
ユーロ売りドル買いの流れとなる。

 

 

NY市場
好調な米経済指標で米株は堅調な値動きとなるも、
ドル買いの反応は限定的となり狭いレンジで推移しておりましたが、
序盤に発表された米ISM製造業景況指数が予想外の上昇となり、2004年5月以来13年
4ヵ月ぶりの高水準となったことを受けて、113円手前まで強含む展開。
その後は週末の米雇用統計を控えて様子見ムードが強まる中、
利食いの売りに再び押し戻され112円半ばから後半で推移。
ラスベガスで起きた銃乱射事件の影響で商いは低調となったことから、
終盤まで小動きの展開が続いた。

 

 

 

そんな中テクニカルは雲ねじれに向かて上昇、P波動ラインのレジスタンス、
騰落から雲がサポートとなるなどしっかりと機能する展開となっております。

 

 

 

先日東京市場は昨日の騰落の流れを引き継ぎ、遅行スパン雲のサポートから
上昇波動内にて上昇、転換線に下支えられながら、雲のねじれに向かって騰落
に向かう展開となりました。

ロンドン時間に高値をつけた位置はP波動ライン、雲ねじれ付近を中心に
同程度の騰落がしっかりとレジスタンスラインとなりその後、
NY時間にかけて下降波動に沿いながら下降してきます。

NY時間まで下降してきた価格は遅行スパン価格も雲ライン
がサポートラインとなり
遅行スパン価格沿いの周期で上昇雲上推移
という展開となっております。

 

直近(10時現在)ではP波動、上昇波動ライン、キリ番付近重なり
まで上昇。
しっかりとレジスタンスラインとなっております。

 

 

遅行スパン価格沿いの周期に注目し、
P波動から抜けを狙います。

 

 

騰落の中心線付近に収束しており、どちらに抜けても
おかしくない位置にありますが、しっかりと抜けの方向についていきます。



 

マルチタイムフレームでの展開です(^▽^)/

 

 

1h、中心線からの騰落でP波動に収束。
遅行スパン価格、雲沿いの周期に注目
中心線からの騰落、P波動、遅行スパン価格又は雲沿いの
周期を合わせ収束から抜け狙い。

 

 

4h、転換線に下支えられながらの上昇トレンド継続から
N計算値、E計算値で高値を付け
その後基準線横這いとなり、P波動に収束。
前回波動ライン、転換線基準線、雲、
遅行スパン価格のサポートに注目
雲までの押しも視野に騰落から
上昇トレンド継続、収束転換を図る。

 

 

8h、上昇トレンド継続中。基準線をサポートに
転換線を中心に騰落を繰り返している展開
基準線横這いから収束気配ありもありが、
前回波動ライン沿いで継続気配。
波動ラインと転換線基準線、遅行スパン価格の
サポートに注目。
遅行スパン価格の周期にも注目

 

日足、遅行スパン雲を上抜け後雲に戻されたが
価格転換線、波動のクロスラインのサポートから上昇、
遅行スパン雲も上抜けてきている展開。
波動を出ていることから高値更新気配が高まる位置
ジリジリ上昇中。
高値更新を試そうとしている展開。
遅行スパン雲沿いに戻る展開も警戒。
週足、遅行スパン価格まで押しを付けた後、遅行スパン転換線
も上抜け上昇、50%も上抜けてきている位置。
対等関係高値圏114円台までの上昇も視野に入る位置。
遅行スパン転換線沿いも視野に騰落を合わせる。

 

 

 

月足、月が変わり転換線基準線が中心線で重なり
中心線からの騰落でレジサポを合わせる。
騰落から23.6%付近まで上昇も見えてくるが
下押しで中心線までも警戒。

 

 

 

日足遅行スパン雲を上抜けて、ジリジリ上昇してきております。
雲沿いに戻されることも警戒しながら、
4h8hの上昇トレンドを追いかけ、
1hの雲を中心に騰落、P波動、高値圏のレジスタンスに注目し
騰落から抜けを狙います。
上抜けてくると日足対等関係高値圏、114円台までの上昇も見えてきます。

1h雲を中心に騰落からP波動下抜けで、日足遅行スパン雲
沿いの下降、4h8h雲ラインまでの下降も見えてきます。

 

しっかりとバイアスなしに騰落のレジサポを合わせ抜けを
狙います。

 

 

今日も一日頑張っていきましょう(^▽^)/

続き、エントリーポイントの詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにて見方や手法を
より突っ込んだ内容でお答えします。

バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
分析等にご活用ください(^▽^)/

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678127.html

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678129.html



———————————————–

ちょこっとブレイクタイム(^▽^)/

デモトレードでは勝てるのですけどというお声をよくいただきますが、
なぜ実際のトレードで勝てないのでしょうか!?
それは

心 理

です(^▽^)/

早く利益を確定させたい。損切はしたくない等、、、、
心理に左右されることによってルールを守れなかったり、
せっかくのいい分析が直近の心理によって台無しになってる方も多いようです。

デモトレードで練習するより実際のお金で取引した方が心理に左右されない
トレードの訓練が出来ます。
しかし、、
訓練だからお金をあまりかけたくないというのが本音。
最近では取引単位が少なくなっている証券会社も多くなっておりますが
おススメはこちら↓



SBIFXトレード

SBI証券の子会社でなんといっても

1通貨単位!!

から取引できます。(びっくりです!!笑)
心理に流されないトレード訓練をあまりお金をかけずに出来るので
デモトレードするよりはこちらの方をおススメします(^▽^)/
データ取りや実験、ルール作りの検証にも最適ですね。

↓目はお大事にです(^▽^)/
Zoff

————————————————

今後の予測展開図

中心線からの騰落、前回ラインに注目し
P波動から抜けを狙います。

※時間の経過によってその位置、勢力は変わってきます。


folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »