Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年9月29日本日のドル円相場分析と今後の予測展開図(一目均衡表&フィボ 1時間足)

calendar



一目均衡表 フィボナッチリトレースメント 1時間足



先日は東京時間に米金利上昇によるドル買いが
優勢となり113円台を回復する展開となりましたが、
その後は上値が重い展開が続き112円台に戻される動きと
なっております。

まだまだ地政学的リスクから上値の重い展開が続いておりますが、
テクニカルはしっかりと日足遅行スパン雲に戻される
展開となっております。(^▽^)/
引き続き遅行スパン雲ラインに注目したいと思います。

本日は週末から収束気配もありますが、
しっかりと方向についていきたいと思います。

今週も今日までです!
頑張っていきましょう(^▽^)/



先日からの展開です。

 

東京市場
午前は仲値にかけて強含むもその後は失速、
112.93円まで買われるも113円を再び試す勢いはなく、
仲値後は112円後半でもみ合う。
午後も底堅く米金利上昇によるドル買いが優勢となり、
再び113円台に突入

 

ロンドン市場
ドル高の流れが維持され、欧州序盤はドル買いが先行する
も続かず、値動きは限られた。時間外取引でも上昇傾向を続けて
いた米債利回りの上昇が一段落し113.21円を頭に112円後半
に押し戻される。

 

NY市場
利食いのドル売りが優勢になる

序盤に発表された4-6月期の米GDPが市場予想を上回り、
2015年1-3月期以来の高い伸びとなったことを受けて、
ドルが買われる動きも見えたが、米新規失業保険申請件数が
3週ぶりの増加となり、依然として米南部を襲ったハリケーンの
影響が続いていることが嫌気され、ドルの上値は限定的。
その後は、米税制改革案の実現に懐疑的な見方が出ていることや、
米国債利回りの低下が続いたことなどが影響し、
ドル売り・円買いが優勢、
東京時間には113円台を回復したものの、上値は重
112.26円までドル安が進む。

 

 

そんな中テクニカルも4h転換線に下支えられて
上昇実体高値圏が意識され日足遅行スパン雲ラインに戻される
周期と雲の山の周期が意識されるなど
しっかりと機能する展開なっております。

 

 

先日の東京市場午前、昨日の高値を付けた位置から中間波動となり
中心線付近に推移していた価格は
午後に入ると中心線からの騰落で高値に向かい、
実体高値圏と中心線からの同程度の騰落で高値をつけてきます。

その後NY市場にかけて同騰落の周期で下降、遅行スパンも価格を
クロス、雲を下抜けていくことも予測できましたが、
しっかりと中心線からの騰落と直近V波動の15-16の対等数値
が変化日となり、雲に戻される展開となっております。

価格雲のレジサポと中心線からの騰落、
遅行スパン価格の周期に注目ですね。



 

マルチタイムフレームでの展開です(^▽^)/

 

1h、波動を出て高値更新を繰り返し上昇トレンドとなりましたが
後半雲ねじれが押しの変化日となり半値戻しまで下降、
その後は直近中心線からの騰落で
高値を試し、騰落から雲中に推移、
雲のレジサポと遅行スパン価格の周期に注目

 

4h、転換線に下支えられながらの上昇トレンド継続から
N計算値、E計算値で高値を付け
その後基準線横這いとなり、遅行スパン価格付近まで押しを
つけ転換線基準線内に推移、
基準線横這いから収束気配。
前回波動ライン雲のサポと転換線高値圏のレジで
継続収束を図る。
遅行スパン価格のサポと周期にも注目

 

8h、上昇トレンドから転換線下まで押しをつけるも
高値を更新、転換線もしっかりとサポートなり
上昇トレンド継続中。
直近は転換線下に押してきている展開。
基準線、遅行スパン価格までの押しも視野に入る位置

 

日足、遅行スパン雲を上抜けてきていたが、
雲に戻される展開、雲の山の周期から
雲に戻され、その後遅行スパン雲に沿っている展開。
遅行スパン雲沿いの周期とレジサポに注目

 

週足、遅行スパン価格まで押しを付けた後、遅行スパン転換線
も上抜け上昇
その後は遅行スパン転換線に戻されている展開
週末の収束から遅行スパン価格までの収束も警戒。

 

月足、基準線を下回っている位置からもう一度高値圏
転換線を試し
その後転換線下に戻されている展開
月の後半に基準線または
遅行スパン基準線に戻されることも
警戒

 

 

日足遅行スパン雲を一旦は上抜けましたが、その後戻されている展開
となっております。週末の収束から遅行スパン雲中推移から
もう一度雲下を試しにいく展開も警戒しながら、
1h雲のレジサポと騰落を合わせて図ります。

続き、エントリーポイントの詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにて見方や手法を
より突っ込んだ内容でお答えします。

バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
分析等にご活用ください(^▽^)/

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678127.html

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678129.html



———————————————–

ちょこっとブレイクタイム(^▽^)/

みなさん
トラリピ(トラップリピートイフダン)をご存じでしょうか?

トラリピとは、イフダン(新規と決済を同時に発注する注文)に、
リピート(注文をくり返す機能)とトラップ(一度にまとめて発注できる仕組み)
を搭載したFXの発注管理機能です。

上下しそうな相場(レンジ)に対して「広範囲に」「まるで罠(トラップ)を仕掛けるように」
自動的に売買をくり返すリピートイフダンを並べることで、取引にかかる手間を極力削減し、
機械的に売買チャンスを狙うことを目的とした運用手法です。

トラリピはこんな方にお勧め

〇相場をずっと見張っている時間がないが、それでも利益を
コツコツ増やしたい。

〇FXはすでにやっているけれどトラリピに興味がある

〇そろそろ資産運用をはじめたいと思っている

〇基本はコツコツ運用派だけど、相場が大きく動いた時は
利益を狙いにいくこともしたい。

実際にこんな方に選ばれてます。

〇ある程度まとまった金額を運用したい

〇家事や仕事が忙しくてイチイチ相場を見ることができない。

〇資産運用をするのに多くの時間を取れない・取りたくない

詳細はこちらです↓



FXを始めるならM2J

———————————————————–

今後の予測展開図

雲ラインに注目し中心線からの騰落から
抜けを狙います(^▽^)/
遅行スパン価格にも注目です。

※時間の経過によってその位置、勢力は変わってきます。


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »