Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年9月15日ゴトー日。本日のドル円相場分析と今後の予測展開図(一目均衡表&フィボ 1時間足)

calendar



一目均衡表 フィボナッチリトレースメント 1時間足





本日はゴトー日です。
しっかりと仲値時間に買いがきております(^▽^)/

今週も今日までです。頑張っていきましょう!

先日は米消費者物価指数や米新規失業保険申請件数
の良好な結果を受けて一時は111円台を試すも、
北朝鮮がミサイル発射を準備しているとの
報道を受けて上値は重い展開となりました。

本日早朝に北朝鮮が再びミサイルを発射
したという報道を受けて、110円前半から109円半ばまで
大きく下落、その後は110円台まで値を戻す展開となっております。

今後、北朝鮮リスクを懸念した円買いがどこまで進むかが
ポイントとなりそうですね。

また北朝鮮が10月10日の朝鮮労働党創建72周年
記念日に向けてさらなる挑発行動を取る可能性は残っております。
まだまだ警戒は必要ですねー(;´・ω・)

バイアスなしにしっかりとその方向についていきたいと思います(^▽^)/

今日も一日頑張っていきましょう。



先日からの展開です。

東京市場
即日のドル買いの流れを引き継ぎ、底堅い動きとなりました。
仲値後も堅調に推移し110.73円まで上昇。トランプ大統領が
民主党の上下両院内総務との会談で双方とも前向きな結果
だったと発表したこともドルを底堅くした
午後に入り海外イベント待ちの小幅なレンジで推移。

ロンドン市場
110.36円から110.52円小幅な値動き。

NY市場
序盤に北朝鮮でミサイル発射の兆候との報道を受けて、
地政学的な緊張が再燃したとの見方からリスク回避の動きが
強まり軟調な動き、その直後に発表された米新規失業保険申請件数、
消費者物価指数がいずれも市場予想より良好な結果となったことから
ドル買いとなり一時8月4日以来の111円台まで上昇しましたが、
地政学的リスク再燃から買いは続かなかった。
終盤には25日公表予定の米税制改革案には具体的な税率は盛り
込まれていないとの報道も嫌気され、110.07円まで押し戻された。

そんな中テクニカルは
対等関係高値圏、週足基準線、日足雲ラインが意識され
下降し、週足転換線、8h雲ねじれに向かって下降する等
しっかりと機能する展開となっております。

先日東京市場は下降波動を出ていることからも
高値更新気配が高まっておりましたが、
しっかりと対等関係高値圏まで高値を更新
その後はロンドン市場まで下降波動に沿いながら
下降してきます。
波動のクロスラインと押しの習性値幅で押しをつけた
後は波動を右に出ていることからも
NY市場に高値を更新してきます。

高値を付けた位置は、週足基準線、対等関係高値、111円キリ番、
日足雲ラインがしっかりとレジスタンスラインとして機能し
下降波動内にて下降、直近は38.2%ラインまで下降してきている
展開となっております。



マルチタイムフレームでの展開です(^▽^)/

 

1h、波動を出て小幅ながら高値更新を繰り返しY波動、
111円キリ番、対等関係高値で高値を付けた後は
下降波動に沿いながら雲下抜けクロス、
その後は雲に戻されている展開。
雲ラインと遅行スパン雲ラインのサポートが
しっかりと機能するのかに注目。下抜け
で遅行スパン雲下までの下降も視野に入る位置。

 

4h、遅行スパン雲ねじれ上抜け、価格雲ねじれ
上抜けの周期で上昇し、前回高値で高値をつけた後は
下降波動に沿って下降、価格雲のねじれ、遅行スパン
雲のねじれに向かっていく気配。
遅行スパン雲に注目。

 

8h、遅行スパン価格に沿う形で上昇。
雲を抜けた後は遅行スパン価格に
沿う形で下降。
価格前の雲のねじれの周期から
高値と安値を付けている展開
雲ねじれ中心線を下抜けてくるか、
このまま押し目をつけて上昇に向かうか
価格転換線と遅行スパン転換線、雲のサポートに注目。

 

日足、下降トレンドから収束転換で
転換線基準線、
下降波動ラインも上抜け
対等関係、前回高値圏
と雲まで上昇している展開。
その後は遅行スパン価格に沿う形で下降、
S点に注目。

 

週足、雲を下抜けてきましたが、もう一度雲に
戻され下降波動ラインも上抜け基準線
に戻されている展開。

週の後半に波動ライン、雲下ラインに
戻されることも警戒。

 

月足、安値を更新後に上昇。
遅行スパン基準線まで戻っている展開
基準線に沿うか、下抜けるかに注目。

 

110円キリ番と1h雲のサポートに注目し、
下抜けてくると4h雲ねじれに向かって下降していく
ことも視野に
マルチタイムのレジサポに注目します。

 

↓先日からのエントリーポイント位置です。

その後上昇波動内にて
9の周期で上昇してきます。

9月14日0時台
高値をつけた位置は
9の周期
9本目
17本目
26本目
27本目
34本目
8-7対等数値
9-9対等数値
18-17対等数値
前回高値
対等関係背反値
習性値幅
背反値
E計算値
直近V計算値
マルチタイム前回高値圏
からショートポイント

 

続き、エントリーポイントの詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにて見方や手法を
より突っ込んだ内容でお答えします。

 

バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
分析等にご活用ください(^▽^)/

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678127.html

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678129.html



———————————————–

ちょこっとブレイクタイム(^▽^)/

デモトレードでは勝てるのですけどというお声をよくいただきますが、
なぜ実際のトレードで勝てないのでしょうか!?
それは

心 理

です(^▽^)/

早く利益を確定させたい。損切はしたくない等、、、、
心理に左右されることによってルールを守れなかったり、
せっかくのいい分析が直近の心理によって台無しになってる方も多いようです。

デモトレードで練習するより実際のお金で取引した方が心理に左右されない
トレードの訓練が出来ます。
しかし、、
訓練だからお金をあまりかけたくないというのが本音。
最近では取引単位が少なくなっている証券会社も多くなっておりますが
おススメはこちら↓



SBIFXトレード

SBI証券の子会社でなんといっても

1通貨単位!!

から取引できます。(びっくりです!!笑)
心理に流されないトレード訓練をあまりお金をかけずに出来るので
デモトレードするよりはこちらの方をおススメします(^▽^)/
データ取りや実験、ルール作りの検証にも最適ですね。

↓目はお大事にです(^▽^)/
Zoff

————————————————

今後の予測展開図


4h雲ねじれに向かう周期を視野に1h雲ラインにサポートに注目します。
遅行スパンのレジサポも合わせます。

※時間の経過でその位置、勢力は変わってきます。


folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »