Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年9月4日本日のドル円相場分析と今後の予測展開図(一目均衡表&フィボ 1時間足)

calendar



一目均衡表 フィボナッチリトレースメント 1時間足



今週も始まりましたねー(^▽^)/
一週間よろしくお願いします。

本日、北朝鮮が6回目の核実験に踏み切ったことにより
地政学的リスクから円が買われる方向に
大きく窓を開けてのスタート。
9月9日の建国記念日に向け
さらにミサイル発射を強行する可能性もあり
予断を許さない状況が続きますね。
波乱の一週間となりそうです。

今週は北朝鮮問題、債務上限問題、またハリケーンの被害拡大
等から上値の重い展開が続きそうです。

今週も気が抜けない一週間となりそうですが
頑張っていきましょう(^▽^)/

本日はNY市場が労働祭(Labor Day)で
休場となっております(^▽^)/



先日からの展開です(^▽^)/

東京市場
仲値に向けてドル買いが先行しましたがその後は
米8月雇用統計を控えて動意薄く、小幅な値動きとなり
午後に110円近辺でもみ合う展開となりました

ロンドン市場
米国8月の雇用統計を控えて動意に乏しい展開のなか、
米10年債利回りが2.13%台までやや上昇したことで
110.22円付近まで強含みに推移しましたが
後半は雇用統計待ちの小幅な値動きとなりました。

NY市場
注目の米雇用統計の結果が
米8月非農業部門雇用者数は+15.6万人と、
市場予想の+18万人を下回り、前月分も+20.9万人から
+18.9万人に下方修正
昨日に発表されたADP雇用統計の結果も大きく
下回る結果をうけて大きく下降、
ADP雇用統計発表日の始値付近に下降する展開となりました。

その後は米国の雇用環境は堅調で、年内の米利上げの可能性
は十分にあるとの見方などで、ドルが買い戻される展開となり、
その後に発表された米ISM製造業景況指数が、2011年4月以来6年4ヵ月
ぶりの高水準となったことも加わり、
ドルは堅調な動きとなりました。

直近では北朝鮮の核実験などからリスク回避志向が高まり、
円が買われる展開となっております。

このような状況化でも中心線からの騰落と雲ラインが意識されるなど
テクニカルもしっかりと機能しております(^▽^)/

先日東京市場は昨日の上昇トレンド収束から雲中に入り
もみ合い相場となっていた流れを引き継ぎ、
転換線、基準線、遅行スパンが中心に集まってきていることからも
先の雲のねじれ付近を中心にもみ合い相場となりました。

もみ合い相場の中でもN計算値や習性値幅の周期
で高安をつける展開となっております。

その後ロンドン市場に向けて安値を切り上げ
高値を切り上げで上方向に収束してきました。

NY市場に入り雇用統計となりましたが、
収束から下抜け、遅行スパン雲ラインと直近V計算値、マルチタイム
意識ラインがしっかりとサポートラインとして機能し
戻される展開となりました。
その後雲上ラインがしつかりとレジスタンスラインとなり
NY後半にかけて雲に沿う形で、雲上付近に推移という展開
となっております。

日付が変わり大きく窓をあけて雲下に入り込みましたが、
前回安値圏が意識されている展開です。



マルチタイムフレームでの展開です(^▽^)/

 

1h、上昇トレンド収束から中間波動を過ぎ、
雲下に出ている位置。
雲下の位置から売り勢力が強いと判断出来ますが、
もう一度雲を中心に騰落に向かう気配もあり
波動で勢力を図る。

4h、下降トレンドから中間波動になり、
雲上ラインがレジからサポに変わり上昇
遅行スパンも雲を上抜け、対等関係高値圏と
前回上昇波動ラインレジスタンスとして機能し下降、
前の雲のねじれに向かおうとしている位置

8h、下降トレンドから収束、基準線横這いから
安値を試した後、対等関係から上昇
雲を抜けましたが、遅行スパン雲のレジスタンスに
あい下降、
価格雲中に入り、雲に上値を抑えられている展開
雲上のレジスタンスに注目

日足 下降トレンド再突入から安値を更新
その後下降上昇波動クロスラインと
38.2%ラインまで戻りをつけ
遅行スパン雲がしっかりとレジスタンスラインと
して機能し下降している位置
遅行スパン価格沿いと遅行スパン前価格レジスタンスの
攻防
遅行スパン価格沿い気配あり、

週足 雲上に推移していた価格は、もう一度
安値を更新から雲に戻され
下降波動ラインまで戻りをつけている位置
下降波動ラインに沿い、
もう一度雲ラインまでの下降気配。

月足、23.6%ラインがレジとなり雲に戻り
相場水準より下方向で月が
変わり、
遅行スパン基準線クロス下抜けから
下気配が高まる位置
遅行スパン基準線沿いに戻ることも視野に入る。

 

1h雲下抜け、4h前の雲の下降とねじれに向かう気配、
の8h雲中から雲上の抵抗と雲沿い、
日足週足下降波動ライン沿いからこのまま
騰落をしながら下降に向かっていくと予測。
上値も重くなりそうです。

このまま下降を追いかけ
バイアスなしに
1h雲を中心に騰落に向かうシナリオも警戒しながら
波動で勢力を図ります。

続き、エントリーポイントの詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにて見方や手法を
より突っ込んだ内容でお答えします。

バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
分析等にご活用ください(^▽^)/

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678127.html

 

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678129.html



———————————————–

ちょこっとブレイクタイム(^▽^)/

デモトレードでは勝てるのですけどというお声をよくいただきますが、
なぜ実際のトレードで勝てないのでしょうか!?
それは

心 理

です(^▽^)/

早く利益を確定させたい。損切はしたくない等、、、、
心理に左右されることによってルールを守れなかったり、
せっかくのいい分析が直近の心理によって台無しになってる方も多いようです。

デモトレードで練習するより実際のお金で取引した方が心理に左右されない
トレードの訓練が出来ます。
しかし、、
訓練だからお金をあまりかけたくないというのが本音。
最近では取引単位が少なくなっている証券会社も多くなっておりますが
おススメはこちら↓



SBIFXトレード

SBI証券の子会社でなんといっても

1通貨単位!!

から取引できます。(びっくりです!!笑)
心理に流されないトレード訓練をあまりお金をかけずに出来るので
デモトレードするよりはこちらの方をおススメします(^▽^)/
データ取りや実験、ルール作りの検証にも最適ですね。

↓目はお大事にです(^▽^)/
Zoff

————————————————

今後の予測展開図

8h雲ラインに注目し、1h騰落に向かう上昇も視野に
下降を追いかけます。
※時間の経過によってその位置、勢力は変わってきます。


folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »