Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年4月2日今週のドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測

calendar









こんにちは(^^)Trader.kです。

4月になりましたねー。
月が変わり大相場期待しましょう(^▽^)/
今月もよろしくお願いします。

先週は
週明け、週足の雲ラインに注目しておりましたが、
雲中で窓あけから始まり、下降安値更新からの週となりました。
1h下降トレンドは収束、転換となり
週明けの位置を中心に同程度の騰落から高値を試し
週の後半には週明けのほぼ同水準に戻ってきた
という週となりました。
波動のパターンもきれいに機能し、図りやすい
週となりましたね(^▽^)/

まずはマルチタイムフレームフィボ位置です

月足上昇フィボ雲上
23.6%  113.93
38.2%  106.61
50%   100.69
61.8%   94.78

週足下降フィボ雲上
61.8%  115.60
50%   112.42
38.2%  109.25

日足上昇フィボ雲下
23.6%  114.02
38.2%  111.14
50%   108.81

8h下降フィボ雲下
61.8%  115.39
50%   114.38
38.2%  113.37
23.6%  112.12

4h直近下降フィボ雲下
61.8%  113.43
50%   112.80
38.2%  112.16
23.6%  111.38

1h直近上昇フィボ雲上
23.6%  111.70
38.2%  111.39
50%   111.15
61.8%  110.90

月足から
週明け若干安値を更新してきましたが、
先週からのサポートラインである
2016年3月の安値圏、5月6月の高値圏
転換線基準線の中心ラインと遅行スパン転換線
が機能していると判断できる位置になります。
このサポートラインを越えてくると
相場水準となり、転換線までは押してくると予測しております。
今週は月が変わり転換線と先行スパン1が重なってきます。
ここのサポートは強いと判断しております。
抜けてくると対等関係からて一気に下降も視野に入ってきます。
月が変わり波動ラインにあたり上値はまだ重くなりそうです。
直近安値圏からサポートを図っています。
レジスタンスラインは波動ライン、基準線で図ります。

続き、詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにてより突っ込んだ内容でお答えします。

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)はこちら→http://www.mag2.com/m/0001678127.html

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)はこちら→http://www.mag2.com/m/0001678129.html




Translate »