Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年3月19日今週のドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測

calendar


こんにちは(^^)Trader.kです。

先週はFOMCや英国政策金利等
大きな動きの週となりましたね(^^)
しっかりと騰落になっておりますねー(^▽^)/
先週もお疲れ様でした。

週明けG20会議における要人発言等により、
オープンレートが乖離、窓あき気配も
高まりますね(^^)
東京休場からも円買い気配
もありますが、しっかりと騰落を
図っていきたいと思います。

↓フィボの位置から

月足上昇フィボ雲上
23.6%  113.93
38.2%  106.61
50%   100.69
61.8%   94.78

週足下降フィボ雲上
61.8%  115.60
50%   112.42
38.2%  109.25

日足上昇フィボ雲下(雲中から雲下)
23.6%  114.02
38.2%  111.14
50%   108.81

8h下降フィボ雲下
61.8%  115.96
50%   115.12
38.2%  114.29
23.6%  113.25

4h上昇フィボ雲下
23.6%  114.57
38.2%  114.00
50%   113.54
61.8%  113.08

1h直近下降フィボ雲下
61.8%  114.37(8h38.2%付近)
50%   114.03(日足23.6%、4h38.2%重なり)
38.2%  113.68(4h50%8h先行スパン1日足基準線週足転換線付近重なり)
23.6%  113.25(8h23.6%重なり)
(上昇フィボ)
23.6%  114.59
38.2%  114.03
50%   113.58
61.8%  113.13
先週は1h上昇トレンドの収束、
8h4hの騰落から
予測通り下降の週となりました。
しっかりと対等関係になっており
ジリジリ下に収束。
後半は2円近くの大きな下降となりました
対等関係からも図りやすい週となりましたね(^^)
月足から
先週はレジスタンスラインであった
23.6%ラインにひげで戻される範囲内とみておりましたが、
変化日即転換から予測通りひげで戻され重要ラインである
基準線付近まで下降してきました。
今週は基準線まで押してくる気配が高まります。
基準線、前回安値、遅行スパン転換線
でサポートを図りながら騰落を合わせます。
レジスタンスラインは直近波動ライン、キリ番、23.6%で図ります。

 

続き、詳細は毎週配信のメルマガにて(^^)

メルマガ内にて、ご質問をお受けいたしております。

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)はこちら→http://www.mag2.com/m/0001678127.html
毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)はこちら→http://www.mag2.com/m/0001678129.html



Translate »