Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年2月26日今後のドル円相場マルチタイムフレーム分析

calendar



月足上昇フィボ雲上
23.6% 113.93
38.2% 106.61
50% 100.69
61.8% 94.78
週足下降フィボ雲上
76.4% 119.52
61.8% 115.60
50% 112.42
38.2% 109.25
日足上昇フィボ雲中
23.6% 114.02
38.2% 111.14
50% 108.81
8h下降フィボ雲下
61.8% 115.96
50% 115.13
38.2% 114.29
23.6% 113.26
4h直近上昇フィボ雲下
23.6% 114.16
38.2% 113.67
50% 113.27
61.8% 112.87
76.4% 112.38
1h直近下降フィボ雲下
61.8% 113.07
50% 112.85
38.2% 112.63
23.6% 112.36
先週前半は戻りをつけ一旦は上昇気配もありましたが
予測通り後半はしっかりと下降してきました
重要ラインである112.50付近を下抜けしっかりと次のサポートである
112キリ番が意識される週となりました。
先週も比較的騰落が図りやすい週となりました。
月足から
今週は月が変わります。
月が変わる位置に注目してます。
意識される基準線ラインより上にで変わるか、下で変わるか
になりますが、
変化日前後一本と対等関係からも
月が変わた後も下値を試してくる気配も高まります。
短い時間軸から合わせながら、月の変わる位置に注目していきます。
今週のレジスタンスラインは基準線、113キリ番
サポートラインは112キリ番遅行スパン転換線、前回高値、転換線
の位置で図ります。
週足から
先週は予測通り下降の週となりました。
意識されるサポートライン
50%ラインを下抜けてる位置になりますが、
50%ラインがサポートからレジスタンスとなり、上値は重くなると
予測しております。
週明け一旦は112.50付近を試してくる気配もありますが、
戻りを付けてレジスタンスラインが意識されると、一気に
雲上111.35付近までの下降も視野に見てます。
重要ラインの112.50付近のレジスタンスを図りながら
短い時間軸の下降トレンドの収束と継続を図ります。
レジスタンスラインは50%前回安値
サポートラインは112円キリ番、雲上で図ります。
日足から
先週9本目で一旦は跳ねると予測してましたが
予測通り一旦は跳ねて、その後下降してきました。
転換線基準線クロスラインが
レジスタンスラインとなり、安値を試してきました。
112円キリ番が意識されております。週明けは変化日気配からも
一旦は跳ねてから、フラクタル構造で雲下抜けも視野に見ております。
雲に沿うか、雲を抜けるかの雲の攻防とみてまが、マルチタイムからも下気配が
高まります。遅行スパン前の価格からも上値も重くなりそうです。
バイアスなしに雲ラインで勢力を図り、
短い時間軸から合わせます。
サポートは112キリ番、前回安値、雲ライン
レジスタンスは転換線基準線、113キリ番、遅行スパン価格で図ります。
8hから
先々週から雲を抜けきれずの騰落を繰り返しております。
先週前半も雲上抜けを試そうとしましたが、
雲ラインと波動ラインがレジスタンスラインとなり、
対等関係からも上値を抑えられ騰落で下降してきました。
遅行スパンが価格にあたるラインと転換線基準線クロスライン
を中心に同程度の騰落からも安値を試す気配が高まります。
112円キリ番の攻防ですが、波動で勢力を図ります。
波動沿いで雲を中心に騰落からもう一度
雲までの戻りも視野に短い時間足から勢力を図ります。
週明け転換線の位置も落ちてきます。
サポートラインはは112円キリ番、前回安値
レジスタンスラインはS波動ライン転換線で図ります。
4hから
先々週から雲を中心に騰落を繰り返しておりますが
高値はジリジリ落ちてきてます。
下に収束し、下気配が高まっております。
このままフラクタルから下降トレンド継続気配が高まりますが、
騰落の繰り返しを視野に追いかけます。
レジスタンスラインはS波動ライン転換線基準線
サポートは112円キリ番、前回安値、騰落の安値で図ります。
1hから
先週下降トレンドから一旦は雲を上抜け
騰落を繰り返してきましたが、後半は安値も更新し
下降トレンドの形が形成されてます。
周期は8-9の周期になってるのがわかります。
このまま下降トレンドを追いかけながら
収束、転換を図ります
戻り売りポイントは転換線、基準線、直近S波動ライン
サポートは112キリ番、前回安値圏で下降トレンドの継続
収束、転換を図ります。
これらのマルチタイムフレームから
今週は1h下降トレンドから下気配が高まります。
日足の雲の攻防とみてますが、
フラクタルから日足雲下抜け気配も高まります。
月が変わる位置に注目します。
4h波動沿いでもう一度騰落を繰り返すことも視野に
バイアスなしに、下降トレンドを追いかけたいと思います。
月曜日からまたよろしくお願いします(^O^)/



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »