Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

一目均衡表  入門編 ① 

calendar

reload




数あるテクニカル指標の中でも比較的多くの方に使われてるテクニカル指標である

一目均衡表

この一目均衡表というのは
日本人の一目山人(ペンネームですね。)本名
細田 悟一(ほそだ ごいち、)
1936年、7年の歳月と延べ2000人の人手をかけて
作り上げたテクニカルです。

当時は新東転換線と言われてたのですが、
現在では多くのファンドマネージャーやプロトレーダーから支持されています。
一目均衡表というのは、一目山人さんのペンネームからも来てますが、
名前の由来は一目で均衡点や相場がわかるということで
相場は売り手と買い手の「両者の均衡」が破れたとき
大きく動きそれが一目瞭然で推し測ることができるという意味合いです。

海外でも非常に人気があります。
海外ではそのままイチモクと呼ばれてます。
日本人よりよく使われてると言われてます。

通常のテクニカルツールというのは

トレンド系

オシレーター系

とありますが、一目均衡表はこのどちらも兼ね備えた
最強のツールとまで言われております。

最強なツールと言われているのですが、

あまり使いこなせてる人が少ない、というのが現状ですね。

 

この一目均衡表は一見複雑そうに見えますが、構造はいたってシンプルな構造となります。

一目均衡表は5つのラインから構成されます。



転換線(価格に近い線)
基準線(価格から離れてる方)
先行スパン1(上がったりさがったりしている線。)
先行スパン2(割と平坦な線)
遅行スパン(後ろにある線ですね)

雲や、遅行スパンや転換線と少し難しそうにしてますが、

このライン自体というのは非常に簡単です。

難しいふりをしているだけで、このラインというのは覚えてしまえば

非常に単純なラインだということがわかってきます。

一目均衡表はこの5つのラインよりもっと深いところに本質があるのでこの5つラインというのは

しっかりと覚えることが大事です(^^)

一目均衡表の5つのラインの計算式

 

転換線
直近のローソク足を含む過去9日間(9本)のローソク足の最高値と最安値の
平均値(半値)を描いた線。(過去9日間の平均ではなく、半値を結んだ線ですね。)

基準線
直近のローソク足を含む過去26日間(26本)のローソク足の最高値と最安値の
平均値(半値)を描いた線。(過去26日間の平均ではなく、半値を結んだ線ですね。)
先行スパン1
この基準線と転換線の平均値(半値)直近のローソク足を含む26日(26本)未来に
描いた線

先行スパン2
直近のローソク足を含む過去52日間(52本)のローソク足の最高値と最安値の平均
値を直近のローソク足を含む26日(26本)未来に描いた線ですね。

遅行スパン
直近の終値を直近のローソク足を含む26日(26本)過去に描いた線。
(終値で描画したラインチャートを過去に25本ずらした線)

 

全てを一気に説明すると少し難しく聞こえてしまうので

まずは、転換線と基準線と先行スパン2の関係性ですね。

この3つは過去の高値安値の半値の位置付けです。

まずはこの3つの線の位置関係から

 

続きは、、後日(^^)


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »